子育てとキャリアの両立に悩む・・・時短勤務での転職活動

キャリア

子どもを出産すると、子育てと自分のキャリアとの両立について悩む時期が出てきます。正社員としてフルタイムや時短勤務で働いていても、パートで働いていても「子育て」と「仕事」、家事を含めた「家庭」そして「お金」についてモンモンと悩んでいませんか?

私は、育休から復職した経験が2度あり、子どもを出産後に転職した経験が1度あります。今は時短勤務を利用して二人の子どもを育てながら働くワーママとして時短正社員として働いています。出産後の子育てとキャリアの両立について経験をもとに紹介します。
これから出産予定のあるプレワーママの方や働くママでキャリアについて悩んでいる方がいれば参考にしてください。



自分のキャリアの悩み

結婚すると「家庭と仕事の両立」に悩み、出産すると「家庭と仕事」に子育ての両立がプラスされました。

私は、キャリアとしては昇格や誰かのマネジメントは希望していません。昇給は望んでいます。
働き方の基本は、子どもが優先です。子どもの体調不良や行事があるときに調整が可能な環境で、かつ時短勤務を希望していました。可能なのであれば、リモートワークが出来る環境はとても嬉しい。

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

けれど、「これが私の強みです!」と言えるものが何もありません。専門性があるスペシャリストとしてキャリアを積んで来たことはないですし、数回経験している過去の転職では、それぞれ仕事内容や会社の事業内容に一貫性がありませんでした。自分の「キャリア」としての軸がないことがとにかくコンプレックスです。

年収は300万前後。自分の希望を叶えられそうな転職エージェントは「ハイキャリア」の女性がターゲットになっているようなところで、年収の時点で相手にされないということもありました。



子育てとキャリアの両立を悩む

女性は妊娠前の頃と子どもを出産した後とでは、悩みのタネも悩む時期も悩んでいる内容もそれぞれ異なるかもしれません。また、キャリアの歩み方についても同じ女性・ママどうしてもハイクラスと私のような凡キャリアとでは悩みの要素も異なるかもしれません。

しかし、働くママである以上は、子育てとキャリアの両立についての悩みは共通するものがあるかもしれません。私は常々子育てとキャリアの両立については悩んでいますし、理想を描いては現実とのギャップに嫌気が差します。

どれくらい転職市場と自分のキャリアやスキルとギャップがあるのか、今後子育てと両立するために希望している環境に合わせられるような求人があるのかを探すためにも転職サイトを確認していました。自分の理想の働き方のイメージを掴むためにも転職サイトの希望の求人を検索しては現実逃避をしつつ、モチベーションや転職への意欲を高めていきました。

両立が難しいと特に悩む時期

子どもは一人いても二人いても悩む時期はそう変わりません。主に悩んできたのはこんな時期だなと思うのは以下の通りですが、これ以外も毎日のように悩み、解決の糸を探るのに必死でした。今もそうです。

  • 子どもを妊娠したことが発覚したとき
  • 妊娠中
  • 出産後に育休から復職したとき
  • 育休復職後の仕事に慣れてきた頃
  • 子どもの体調不良で仕事を休んだとき




子育てとキャリアの両立を改善するかもしれない転職活動

今いる職場に居続けた方が良いのか、転職した方が環境は改善されるのではないか、悩みながらも転職も退職もできずにただただ悩んで、仕事と家事、育児に日々忙殺されていました。

とても転職活動の準備をする時間もなければ、いざ転職活動が開始出来ても「子どもが病気になった時は預け先はありますか?」といった転職エージェントの質問に「大丈夫です!」と即答出来ない自分もいてどっちつかずの状態の時期がありました。

自分のキャリアアップというよりも給与アップと働く環境の改善を目指して、転職活動を30歳になる前にしました。

転職活動の時期

私が子どもを出産して初めて転職活動を開始したのは、子どもが1歳半の頃でした。やっとの想いで入園が決まった保活の後、育休から復職して半年を過ぎた頃に、保育園送迎を含めた通勤や仕事と子育ての両立に慣れてきていました。ようやく周りが見え始めて、そして欲深くも今後の自分のキャリアと子どもの年齢を重ねた時に将来やっていけるのか不安になり始めました。

転職活動に本腰を入れていたわけではありませんでしたが、転職サイトの登録や履歴書と職務経歴書、写真の準備はちょこちょこ開始していました。
ただ、職務経歴書を書くのが苦手です。自分の取り柄のなさが自分自身で目に見て分かりますし、過去のキャリアや取り戻せない時間を後悔しながら書類を作成をしていると段々と逃げ腰になりました。

そんな矢先に契約社員だった私は、会社側から「契約終了」の通知が届いたのです。
正社員前提で入社したに関わらず、妊娠したタイミングが悪かったのかもしれませんが、正社員登用の話は無くなっていました。私の力不足もあったでしょう。育休から復職してから「子育てと仕事が両立できる環境ではないな。転職したい。会社を辞めたい。」と悩んでいたくせに、いざ会社側から「契約終了です」と言われると納得できませんでした。

いくら、時短勤務とはいっても仕事は頑張っていました。産休前と変わらない量かつチームの人数は減っていたので、産休前より業務量は増えていました。いかに効率良く仕事の対応が出来るか、会社にとって経費削減になるかを考えて仕事をしていたので、会社からの通知はとても残念でした。

とにかく、契約満了までの残り3ヶ月間で次の職場を探さなければいけない状況になりました。


転職の希望内容

会社からの契約満了の通達の前から転職サイトはちょこちょこ見ていましたが、まだ他人事でした。会社の雇用期間が決まった以上、転職活動を本腰で取り組まなければいけません。

転職活動をすると、嫌でも自分のキャリアを突きつけられます。過去のキャリアもそうですし、今後どのようなキャリアを考えているのか棚卸しをするきっかけが強制的につくられます。

正社員にこだわらなくても良いのではないかと考えもしましたが、転職の主な理由が契約社員の契約満了ですので、正社員という雇用形態にこだわっていました。パートやアルバイトについても考えましたが、子どもの体調不良があったときにシフトで迷惑をかけてしまうことが目に浮かんだので避けました。

転職開始当初の転職先に希望する内容は以下です。

  • 時短希望(9時〜17時までの勤務時間)
  • 雇用形態は正社員
  • 自宅から通勤1時間以内
  • 希望の職種・自分に出来る仕事内容

いざ、転職活動を始めると思いの外、これ以上の条件を希望する自分がいることに気がつき始めました。

最低限これだけは欲しいという給与に妥協したくなく、「したくないor出来ない」と感じてしまう職種や仕事内容が多かったです。転職エージェントからするとまさにワガママな転職者だったでしょう。

  • 希望の給料
  • 希望の職種の内容
  • 自分にできない仕事内容orしたくない仕事内容
  • やっぱり子どもの体調不良時に預け先がない

など・・・

自分が転職先に望む条件は、細かいものも含めて追加されていきました。

主人は朝早くから夜遅くまで働き、我が家は両家の親が遠方に住んでいるので、子育てを誰かに任せられる環境もありません。子どもが優先で、私が仕事に打ち込める環境は残念ながらまだ先の話です。

私のストレートな希望を並べると、転職エージェントの担当者はお手上げ状態。音信不通になる転職エージェントの担当者もいました。

専門性を持っていない、誰でも出来るような仕事ばかりの浅いキャリアでは給与UPに繋げることはおろか、現状維持の給与も難しい状況でした。
雇ってもらえそうなところが見つからないのであれば、自分で事業を起こそうと思っても、何の強みもないのでそれすら出来ません。



子育てとキャリアの両立が可能と判断した転職活動後

活動期限が決まっていたので、選り好みをしている状況ではなかったものの、給与と就業時間の希望だけは妥協せずに進めました。
すると本腰を入れ、転職活動を始めて1ヶ月経過した頃に出会った転職エージェントの担当の方が時短勤務で働いているママさんで、直接お会いして話をしているととても親身になって話を聞いてくれました。
また、転職エージェントとしてのアドバイスもあり、紹介いただいた会社の社長面接が決まりました。

社長面接の1回でそのままその場で採用が決まったので、なんとか契約満了までに内定先を見つけることができました。転職活動をする気力も余力もなかったので、転職活動は1社内定をもらったのみで終了させました。
給与は希望の額、就業時間も希望の9:00〜17:00です。

あとは、入社時期の調整を残して新しい環境で働くのみとなりました。

会社の退職時期は、本来の契約満了期間の残り1ヶ月間を残して退職しました。時期も4月の新入社員が入社する前であったので、会社としてのタイミングも良いということで認めてもらいました。

これで、私の子育てとキャリアの両立についての改善も、給与アップも改善するはずです。



まとめ

働くママは、自分のキャリアに悶々と悩んで解決できずにいる人は多いと思います。
経験に自信がある方や専門性を持って一貫してキャリアを積んで来た方は、異業種異職種でなければ転職活動はスムーズでしょうし、転職活動をせずとも今いる会社に自分の考えるキャリアについて伝えると意外と希望を組んでくれることもあるでしょう。

私のように誰でも出来るような専門性を持たないキャリア内容で30歳近くの子どもを持つママだと、転職活動は難航しやすいかもしれません。
転職活動をして感じたのは、タイミングが大切であるということ。転職市場には、1年の中で時期によってポストが開いたり、事業拡大で採用人数を増やしたりと波があります。
うまく、波に乗れて、ポストが開いていると内定をもらえる確率が上がる場合があります。

私は、「年明けの繁忙期でとにかく人が欲しい!」というタイミングで転職先の会社に出会うことができました。きっと、あと1ヶ月遅かったらタイミングを逃して、契約満了で仕事がない状態で転職活動をしなければいけなかったかもしれません。

もし、子育てとキャリアの両立に悩んでいるママがいれば、転職サイトを覗いてみてください。覗いてみてイメージを膨らましてみると、今いる職場でキャリアをどうしていくのか考えられますし、今の職場で思うような環境やキャリアアップが難しければ転職を考えて、履歴書や職務経歴書の準備を少しずつ始めると良いかもしれません。

コメント