クラウドワークス初心者が、1ヶ月目で3000円稼いだ方法

キャリア

クラウドワークスを利用しようと考えている方、利用してみたけどなかなか案件の契約に至らない方に、クラウドワークスを利用してみてわかったことや学んだことを紹介します。
クラウドワークス以外にも並行して、在宅ワークの仕事を経験しましたが、ここではクラウドワークスに特化します。

「初心者で3000円って、全然稼げないじゃん!」と思われるかもしれませんが、半分正解…といったところでしょうか。まだ、利用して2ヶ月目に入ったばかりなので、コツは掴めきれていません。

けれど、初心者で受注して、無事に納品して報酬を得た経験をしたからこそわかったことを書き出しますので、ワーキングマザーとして副業を目指している方や、ワーキングマザー以外で副業を目指している方にとっても参考になれば幸いです。

クラウドワークスとは
クラウドソーシング最大規模のサービスです。ライティングやWebデザインなど様々な種類が多数あります。
受注した契約金額から20%のクラウドワークス利用手数料がかかります。なので、1件3〜5円のアンケートでも容赦無く1円単位でシステム手数料は引かれていました。
クラウドワークスは、この受注者と発注者側からシステム利用料を引くことで、サービスの運営が成り立っています。




クラウドワークス「仕事の種類」

クラウドワークスの登録が済むとすぐに仕事が始められるのかというと、そうではありません。クラウドワークスには、アンケートのような「タスク」という1件数円〜数百円という誰でも参加できるものや「プロジェクト」という応募して契約して納品して報酬を得るもの、デザインやロゴ作成など技術を要するような「コンペ」という3種類の仕事があります。
それぞれ、良い点と難しい点とありますので、それぞれ紹介します。

タスク形式

アンケートなので、誰でも参加できるというハードルが低いので、登録したばかりの超初心者も参加して数円のお金をもらうことができます。ただし、アンケートに答えたらすぐに報酬が入るかというとそうではなく、クライアント側が承諾すると報酬を得ることができるという流れなので、クライアントの要望に添えなければアンケートに答えた時間が無駄になります。

クライアントが承諾するまでの時間にはばらつきがあり、クライアントが確認したタイミングでかつ承認してもらえたらという流れになります。回答して翌日に数円入ったこともありますし、「なんで報酬が入らないのだろう」と数日モヤモヤしたことがありました。
忘れた頃に入っていたので安心しましたが、報酬を得られるかどうかはクライアント次第です。確実にアンケートの報酬を得たいという希望がある方は、他のサービスの方が確実性があると感じました。



プロジェクト形式

時間単価型と固定報酬型の2パターンがあります。実際に私が仕事を得て初報酬を得られたのは、「プロジェクト形式(固定報酬型)」のライティングです。初心者でも参入しやすい分野ですので、プロジェクト形式の仕事を応募して、案件が受注できるように確実に実績を積んでいけるとクラウドワークスでの仕事の幅や受注件数が増えていきます。

ただし、初心者狩りのようなクラウドライターをこき使ってメディア運営やアフィリエイトサイト運営者がゾロゾロといるので、自分の身の丈に合わせながらも適正価格を見極めて応募することが大切です。適正価格でも時給換算にすると数百円というのは当たり前の世界ですので、疲弊してクラウドライター撤退とならないようにしなければと感じました。

そして、応募してすぐ仕事が見つかるかというとそうではなく、クライアントから質問が来ても「気づいたら別の人に当選マークが付いてて知らない間に応募が落選していた」ということもありました。

5件応募して4件が、下手すると5件中5件とも仕事の契約に繋がらないということもありました。この、応募時にクライアントに送るメッセージ作成も時間がかかりますし、自分にあった仕事を探すということも平気で2〜3時間平気で時間が経過しているということも多々あります。

コンぺ形式

HP制作やロゴ制作といったデザイン系の案を募集し、クライアントが気に入ったものを買い取るような形式です。ひたすら考えて応募したのに、契約に至らなければ、考えて作業した時間は水の泡です。
ただ、契約に至ったときの金額はタスク形式やプロジェクト形式の数十倍の金額ですし、デザインを勉強しているという方にはとても勉強になる場だと感じます。私もいずれ、コンペ形式に提出できるような力が欲しいです。



クラウドワークスで仕事を受注するまでにやったこと

クラウドワークスへの「ランサー登録」は当然ですが、登録後のプロフィール作成も重要です。自分に何ができるのか明記することで「職務経歴書」のような立ち位置の存在になりますので、作成には時間を要しました。

まず、プロフィールのアイコンは必ず入れること。誰なのか全くわからない、不信感すらあたえるようなデフォルトのグレー人物のアイコンだけは避けたいと、プロフィールの画像は自分で作成してアップロードしました。

また、これまでの経歴を自分が仕事を取れそうな分野向けに書いてプロフィールを充実させること、嘘で無ければ「できないかも」と臆するよりもちょっと背伸びすることで、仕事の幅は広がります。自分にできることであっても、そのクライアントの仕事に慣れるには時間を要しますので、入り口となるプロフィールや応募時にわざわざ自分から仕事の幅を狭める必要はないかと感じます。

そして、クライアントに安心し仕事の受注をもらうためにも「NDAの締結」「本人確認」は早々に対応しました。クラウドワークスのプロフィールにあるチェックボックスは全てチェックを入れた状態にしています。



クラウドワークスは時給換算にすると、驚きの「時給50円」はザラ!

そもそも、クラウドワークスは雇用関係にはならない働き方です。クラウドワークス場では、ランサー(受注側)のみなさんは、『個人事業主』になります。
つまり、個人事業主は労働基準法には該当しないので、時給50円といった時給換算しても不当な扱いにはなりません。「契約したものは納期までに提出する」これだけです。

私は、会社員としてワーキングマザーでありながら、副業としてクラウドソーシングを利用しています。
なので、クラウドワークスの仕事は、夜22時〜夜中2時頃と、お昼休みの時間帯で活動をしています。”寝る時間を惜しんで”とはまさに…眠さも副業のため、受注した仕事の納期のために睡眠時間は削りました。

クラウドワークスで仕事をした時給換算

初めて仕事の契約をもらえたのが、ドラマまとめサイトのライティングでした。10件をまとめて手取りで「3,370円」1件あたり「337円」です。
まとめるといっても、7サイトの料金確認と、それぞれの画面スクショ、その作品のあらすじや感想をまとめるという流れなので、とても1時間では終わらず、1件あたり2時間半〜3時間かかりました。

また、10件で1契約でしたので、10日後には納品しなければいけないという急募案件ということもあり、1日3時間は時間を要してようやく「337円」・・・。

初めての執筆時には、慣れない作業で1件に7時間もかけてしまいました。つまり、時給48円。でも、初めて受注した仕事でしたので、10日後の納期のため必死!「納期は守り切る!」という気持ちを奮い立たせて、夜中にボチボチやり抜きました。



クラウドワークスを利用して良かったこと

時給換算でいうと,クラウドワークスでの在宅ワークは割りに合わないと感じますが、利用してみてよかったところもあります。
まずは、会社員としての給与以外に収入を得られたことです。

「副業解禁」とはいっても、何から手をつけたらいいのかわからない方は、まずは休みの時間を利用して、クラウドワークスの仕事をしてみるといいかもしれません。アフィリエイターに憧れ、ブログを開設したのに全くアクセスは集まらず、GoogleAdsenceの収入も得られないという方(←私のこと)は、一度給与以外の場所から収入を得ることを体験してみる価値はあります。

コネなしで会社以外の仕事を持ち合わせていないので、クラウドワークスはシステム利用料は高いですが、契約の交渉はしなくていいという点と未払いが防げる点で在宅ワーク初心者にとっては、良いサービスです。



関連記事:クラウドライターとして1ヶ月目の実績
副業として在宅ワークを始めた、ワーママ の1ヶ月目の実績。

コメント