認可保育園の年度途中の入園は可能?【体験談】

子育て

引越しや復帰時期によっては、年度途中に保育園の入園を希望するママはいらっしゃいますよね。やはり4月入園が年度途中入園よりも受け入れ人数は多いのが実情で、年度途中は厳しいというのが正直なところ。けれど、諦めずに認可保育園の入園申請を役所に提出していたことで、年度途中で認可保育園に入園することができました。実体験をもとに保育園の年度途中入園についてご紹介します。



0歳児の場合

日に日に成長する我が子と離れて、保育園に預ける不安と仕事復帰とで悩む月齢ですよね。ただ、1歳児クラスは0歳児クラスより激戦と言われているため、0歳児クラスで保育園に預けるママも多いです。

園によって、受け入れ可能な月齢は異なります。
早いところだと生後58日目から受け入れ可能な園もありますし、生後6ヶ月からであったり、生後8ヶ月からであったりします。希望の園がどの月齢から受け入れが可能なのか事前に確認するといいですね。

上の子の場合

区をまたいで自転車で20分ほどの距離の認証保育園に入園しました。
もちろん、住んでいる自治体の認可保育園の入園申請もしました。入園希望の4月入園の申込みは前年10月でしたので、通園可能な範囲(一部はあとあと振り返ると通園は不可に近い)で希望が出せる5園MAXで記入して提出していました。しかし、2月に届いた認可園の利用結果は「不承諾通知」でした。

当時住んでいた自治体は、ママたちが嘆願書を提出し、当時待機児童が多い激戦区としてニュースに取り上げられたこともありました。
役所から発行されている保育園入園案内に「保育園が見つからない方はお気軽にご相談ください」と記載があり、その情報を鵜呑みにして役所の窓口まで相談に行ったこともあります。しかし、役所の担当者からは「どこも保育園に空きはないから自分で探してください」と言われただけでした。
このとき、保活は自分で解決しろと役所に言われたも同然だと感じましたので、認証保育園も無認可保育園も含めて、自分で情報を見つけて電話して、「自力で」保育園を見つけるようにしました。

結局、0歳児クラスでは認可園の途中入園の連絡はありませんでした。また、通園した認証保育園以外に7園ほど申し込みをしていましたが、どの認可外保育園からも途中入園の案内は1園もありませんでした。

下の子の場合

0歳クラスで入園したのは認可保育園で、入園した年の4月にオープンしたばかりの小規模保育園でした。
もちろん自治体によるのですが、私が住む自治体では小規模保育園は比較的空きがあるようです。通える範囲であるのであれば、希望園の1つとして申請しておくといいかもしれません。
ただ、小規模保育園は2歳児クラスまで。3歳児クラスは再度保活をしなければいけません。
周りには2歳児まで保育園を利用して、延長保育を利用できる幼稚園に年少クラスで転園するお友達もいました。

1歳児の場合

途中入園出来たから言えることですが、1歳児クラスは0歳児クラスよりも入退園が多いようです。上の子のときも2〜3ヶ月おきくらいに1人退園して空きが出て、年度途中で入園するお友達がいました。ただし、退園で空きが出るかは本当に通園している方の引越しなどのタイミングによります。



上の子の場合

2園目として、区をまたいだ認可外保育施設の認証保育園へ4月に入園しました。当時は電車で45分ほどかけて通園していました。その後、通園している認証保育園へ自転車で通園できる場所に4月末に引越ししました。
1歳11ヶ月の月齢で引越しした区で5月に入園申請を提出して、10月入園で5歳児クラスまである認可保育園に途中入園しました。保育園から直接電話で通知がありましたが、9/22と転園する月の1週間前の通知でした。

なお、上の子は認証保育園に通園していたので認可保育園に転園したことにより、その認証保育園にも空きが出たので次の方が入園されていました。認証保育園を含めた認可外保育園も認可保育園の人数移動や通園中の方の引越しにより年度途中に空きが出ることはあります。

下の子の場合

4月の時点では0歳児クラスの9ヶ月のときに認可園の入園申請を提出しました小規模保育園に通園していました。
通園中の4/18に転園の通知があり、5月に認可保育園の小規模保育園から5歳児まである認可保育園へ転園しました。
転園先の保育園は上の子と同じ保育園で、希望の園の入園まで7ヶ月待ちました。転園の通知は、上の子を預けた直後に園内で園長先生に直接お話がありました。長めのゴールデンウィークが月末にあるためか早めの通知だったと感じました。

これも上のこと同じ保育園に通園できるようになったから言えるのですが、4月入園が決まる頃の2〜3月は毎日保育園の送迎時に園長先生から下の子の「入園が決まりました!」のお話がないか、電話はかかってきていないか期待していたので、ソワソワしていました。そのまま4月を迎えたことで、1ヶ月半に及ぶソワソワがなくなり、年度途中の入園は難しいと感じていました。4月上旬に園長先生から「うちの園に希望はだされていますか?」なんて聞かれて、「ずっと転園届もだしているんですけどね」とこたえたことがあります。



認可保育園の空き情報公開は即時反映されない

役所が翌月1日の入園可能な人数を、前月中旬までに申請があった情報で毎月保育園の空き情報を公表しています。空きが出ても即時に反映はされません。
私が住む自治体では、5/1に入園可能な人数の情報は、3/18までに申請があった情報をもとに公表されていました。保育園から通知があった4/18時点で役所が公表する空き情報の1歳児クラスは「0」のままでした。申請や退園は1ヶ月半ほどのタイムラグがあります。その間に退園や入園の動きがあるようです。

ちなみに5/10に退園したお友達がいるので、1歳児クラスに空きが出ていますが、役所が公開している6月入園の1歳児入園可能人数は「0」のままです。
その後、やはり6月に新しいお友達が入園されていました。
4月、5月、6月とそれぞれの月の空き情報を見てきましたが、どの月も「0」のまま、空きが出たら利用調整をして内定が決まった方へ直接連絡という流れのようです。

保活は運とタイミング次第でもある

保育園の入園申請をしたから「必ず保育園に通園できる」とは限らないのが働くママの辛いところですよね。
私も上の子のときは育休延長不可をかけて、下の子のときは上のこと同じ保育園に通うため躍起になっていました。毎月月初に役所が公表している保育園の空き情報を見ては、「0」という表示にガッカリもしていました。SNSで「保育園 途中入園」「保育園 5月入園」など検索して年度途中の入園について毎日調べてもいました。

けれど、諦めずに入園申請をしたり、小規模保育園に入園した後も転園届を出したり、情報に漏れがないか何度も利用案内を見たり、通勤証明書の変更届を出したりと自分の希望に合わせるための情報収集や書類準備は頑張りました。
転園が出るのを待って運とタイミングを望んでいましたが、自分に出来ることはしっかりと対応したからこそ希望するように保育園に通園することが出来たかと思います。

コメント