オムツは夜が手放せない!5歳息子のおねしょ3つの対策【夜用オムツレビューつき】

夜用オムツ 子育て

我が家の上の子は5歳になっても夜は夜用のオムツをして寝ています。オムツは毎日して寝ていますが、失敗することがほとんど…。とうに「トイレトレーニング」は完了しているのに・・・。トイレトレーニングが完了しても夜はおねしょはママにとっては悩みのタネの一つではないでしょうか?

毎朝おねしょでアンモニア臭がするシーツ類やパジャマの洗濯が必要になるので、私は悩んでいます。「5歳でおねしょは、ない。」というとある口コミを見て凹んだこともあります。しかし、我が子は我が子とよその子と比較せずにおねしょと向き合っていこうと決めました。

おねしょは現在進行形ではありますが、夜用のオムツの比較をしながら試行錯誤しているので、同じ悩みのママさんの参考になればと思います。



5歳を過ぎてのおねしょは夜尿症?

あるとき、ふと目に止まったパンフレットに「5歳を過ぎてもおねしょが続くと夜尿症と診断されて、治療の対象になります」と書かれていました。我が家の上の子は5歳を過ぎています。夜は『500mLのペットボトルの水も吸う』と書かれた夜用のオムツを履いて寝ますが、ほぼ毎日そのオムツはパンパン。量が多くて、パジャマやベッドのカバーシーツも濡れていることがあります。朝、オムツから飛び出したおもらしを発見した時はガッカリ感となぜおもらしをするのかという焦りを感じてしまいます。

夜尿症とは・・・
5歳を過ぎても1ヶ月に1回以上のおねしょが3ヶ月以上続くと「夜尿症」ということです。

「治療の対象になる」ということで、夜尿症ではないのか、おねしょについて心配になっていました。
おもらしするのは、夜だけではありません。保育園のお昼寝の時も週に1〜3回の頻度でおねしょしてしまいます。周りのお友達より体も大きく、しっかりと会話はできるのですが、おねしょは昼夜関係なくしてしまいます。ひどいときには、お昼寝の時のみならず、遊びに集中した時もパンツを濡らしてしまうことも。

保育園では、2歳児クラス4月から周りの子よりも一足早くオムツよりパンツで過ごすことが多く、失敗も少なかったように感じます。

夜のおねしょが起こりやすい状況を観察中

毎日のようにおねしょをする息子ですが、週に1日くらいは「おねしょしてなかった!!」という日もあります。週6日おねしょをしていることになりますが…「おねしょの確率が上がる時はこんなときだな」と感じるタイミングのまとめです。

寒さでトイレが近くなる

寒くなり始めた時期や冬真っ只中の時期は大人でもトイレが近くなります。子供も例外なくおしっこが近くなるようで、「寒いかも」と言う日は保育園のお昼寝におねしょしてしまい、お迎えの時に「汚れ物があります」と先生に伝えられます。
自宅で夜寝ている時もおねしょしてしまい、冬の時期は水分を取りすぎなくても寒さでトイレが近くなって、結果おねしょにつながってしまう日がふえてしまいます。



水分を多く取るとおしっこの量が増える

塩辛いものを食べてであったり、暑さで喉が乾いたであったりと水分を取る量が増えるとおねしょする確率が上がります。夜寝る前の水分摂取に気をつけたら良いだけではないようです。寝る前や夕食でさほど水分を取っていなくてもおねしょをしているので、昼間の水分量も夜のおねしょに関係があると気づきました。
けれど、暑さが本格化してきた夏場は熱中症の方がリスクが高いので、熱中症にならないよう適宜こまめに水分を取るようにしています。

先日小児科で尿検査をする機会があったのですが、「水分量が足りていない」と言われました。時期は暑さが本格化する梅雨の時期。本人もママである私も水分はこまめに取っていて、むしろ「よく水を飲むね〜」と言うほど、麦茶や水を飲んでいるので「水分量が足りていないから脱水気味」と言われて、とても驚きました。
それほど、夏場の水分量は意識して取らないとすぐに脱水状態になるやすく、熱中症にもつながりやすいと感じました。
こうなると夜のおねしょよりも水分を取ることに比重をおいてしまいますよね。




夜のおねしょ対策

夜のおねしょ対策は日々考えて試しているので、実行中と進行形です。朝の「アンモニア臭にげんなり」しないように、いろいろと試した結果です。

対策①夜用オムツ・パッドをあれこれ使った結果

夜用オムツ比較
どちらも夜用のオムツで左はパンパースXXL、右はリフレSSです。
夜用オムツはあれこれ使いました。パンツタイプがベストだと気づきましたが、パッドもありますので使用感について参考になればと思います。

おやすみマン

「どんな寝相でもズレにくい」とパッケージに書かれている通り、しっかりとフィットしているようで、使った本人も一番違和感なく使用出来ました。おしっこをしっかりと吸収してくれるのでモレる回数は少なめです。全く漏れない安心感があるかというと残念ながら数回漏れてしまって、パジャマもおしっこ臭がするということはありました。
1枚あたりが60円代〜と金額は高めです。ビック以上のサイズで1パック22枚入りです。1ヶ月弱で使い切ってしまうので、「またなくなった・・・」と購入頻度は高く感じます。
けれど、男の子用のおやすみマンはカーズの絵柄なので、本人はとても気に入っています。本人が嬉しいのが一番!と夜用のオムツを使うようになってからは一番リピート買いしていて、お世話になっている夜用オムツです。



パンパースXXLサイズのパンツタイプ


ビッグより大きいXXLサイズというだけあり、15〜28kgまでを対象としたサイズになっています。1パックに32枚入ったパンツタイプなのに、とてもスリム!!スリムさに感動したのはママの意見としての意見です。
使用する本人はというと・・・夜用オムツをみるとみるみる顔がうつむいてしまいました。なぜなのか理由を尋ねたら下の子が使用しているのと同じなので、「本当にオムツ」というのでショックを受けたそうです。「ショック受けるならおねしょするなよ」と言いたいところはグッと我慢。

見た目は薄いのに、しっかりとおしっこを吸収してくれて、漏れがありませんでした。
着用した本人の体重は22kg弱ですが、使用感は窮屈そうでした。「ちょっとおしりが・・・」と言っていましたが、使ってみるとしっかりと前面の部分で吸水パッドが吸水したのかもっこりしていましたが、漏れることなく朝を迎えられました。

薄さの割に吸水力があるのと、枚数がある割にコンパクトな部分、そして価格もビッグサイズ以上の夜用パンツタイプだと安めだと感じました。

リフレ「ベビー用より大きく大人用より小さいサイズはくパンツ ジュニア」

リフレ夜用オムツ

夜用オムツを探していて、Amazonのクーポンで安かったので試しました。SSサイズは体重目安が25kg〜45kgで20枚入り。
いくらクーポンで安めに購入できたと言っても、体重の目安のとおり我が子にはまだ大きく、大きさゆえに横漏れが起きてしまいました。使用感もとても大きくて「ズボンに入らない」とオムツが入らないわけではないですが、ズボンのお尻部分がパツパツになってしまいました。

25kgになるまでには、夜のおねしょは卒業できているといいのですが、もしまだ夜のおねしょに悩んでいる時は、これを思い出したいと思います。

オムツタイプでないパッドタイプ

パッドタイプは1種類だけ使用したことがあります。ピジョンの「オムツとれっぴー朝までぐっすりさらさらパッド」を使用したのですが、1パック30枚ほど入ってオムツタイプより安めです。

夜用おねしょパッドタイプ

サイズはフリーサイズなので、持っているパンツにパッドをつけて使用します。パッドなので漏れないようにするには大変なコツが入り、使用感は本人は「モコモコして嫌だ・・・」と何度か拒否されました。

使用するときには、おしっこする“出口”がきちんとパッドに当たっているか確認し、おしりのモコモコ感も整えてあげるとまあまあ満足です。
ただ、子供の寝相次第ですが、我が家の子供は寝相が悪いので、寝返りしている最中にパッドがずれるのか、夜中にはすでに漏れてしまってパッドもパジャマもシーツも濡れている・・・という回数が多いです。
ただ、価格はオムツタイプより安めなので、もう少しおねしょの回数が減ってきて、漏れる量が増えた頃にパッドに切り替えて消耗品のコストを抑えるために使いたいと感じます。

対策②防水シーツを使う

これも夜用のオムツと同様鉄板の対策ですね。
我が家は布団ではなくベットを使用しているので、防水シーツがないと干すことも難しいのでおしっこ臭で堪らない状態だったでしょう…。防水シーツにはとてもお世話になっています。

洗濯できる防水シーツ

寝ている間は寝返りをするので、ペラペラの防水シーツよりもあまり移動しないような4角を縁取りされた防水シーツを使っています。本来は妹に使う予定でしたので、デザインは女の子向けですが、お兄ちゃんがお世話になっています。
洗濯した時は裏面はビニール仕様になっているので、油断していると水分が服にかかってしまうこともありますが、チャッと洗って干せば乾きやすいのでおねしょを確認した朝はすぐに洗って干すようにしています。



使い捨ての防水シーツ

これも妹がトイトレが始まった時に使おうと購入したおねしょシーツです。使い捨てになっています。使い捨てはやはり費用がかさみます。1パック10枚入って、650円ほど。1枚650円です。
広げると、カバーできる範囲に物足りなさを感じました。が、捨てるだけの使い捨てなので、汚れてしまった朝はすぐにゴミ箱に捨てるだけなので洗濯の手間はなく、簡単です。忙しいママには楽チンですね。

対策③防水ズボンを購入して、使ってみた。

パンツだけだと心配だから、パッドを使ってみたときに合わせて、防水ズボンを購入しました。数年前のトイトレをしている頃にも一度防水ズボンは購入したことがありますが、サイズアウトしてしまったので新たなサイズを購入。
パッドだけだと寝ている間のズレで漏れるからと防水ズボンも合わせて着用するようにしました。

防水ズボンは「防水」というだけあり、普通のズボンとは違います。6層構造になっているので、ズボンは分厚いです。それゆえ、洗濯しても乾くのに時間がかかります。
夏場はとても暑く、お腹から下が汗で蒸れてしまいます。
春までの寒さを感じる時期は「あったかい!」と息子は喜んでいましたので、冬場の暖かさを求める時期にしようするのはGOODかもしれません。

おねしょ用パッド×普段使いの布パンツの状態で防水パッドをすると、漏れずに安心・・・かというと、残念ながら漏れます。寝返りの隙間が原因とも考えられます。しかし、別にも記述したように、おねしょのおしっこの量や回数減った時には、パッドに切り替えて寒い日に防水ズボンに再チャレンジしたいと思います。

メリット:冬はあたたかい、おねしょの量が減ると防水パッドに移行して防水ズボンを併用することでオムツのコストを減らせる
デメリット:分厚い仕上がりなので暑い日はムレる。洗濯してもなかなか乾かない!



おねしょには「見守る」が大切?

おねしょは「周りは夜もパンツで過ごしている」「おねしょはほとんどしない」などと聞くと、ママの私には周りのお友達はおもらししていないのに息子はまだおねしょすると焦りを感じてしまいます。
「なんでおねしょするの!?」と怒ったこともありますし、「●●ちゃんは、おねしょしないんだって」とお友達へのライバル心を植え付けようと試したこともあります。けど、逆効果。
小児泌尿器科の先生が発信するブログに「夜尿症の治療には“3ない”が必要」とを見かけました。

①焦らない

おねしょには、焦らずにはいられずでしたので、『焦らない』は出来ていません。以前よりおねしょを構えて見守るくらいできるタイミングも出てきました。

②怒らない

「おねしょしないでよ」といくら何度も何度も言い聞かせてもおねしょはします。苛立ちからおねしょに対して怒ることもあり、「怒らない」ができずにいたのですが、おねしょについて怒られたからと言って本人のおねしょをしないという結果には至りません。自尊心も削がれますし、いいことはないと反省してからは、怒らない方針に沿うように努めています。

③起こさない

おねしょが毎日あった一時期は、夜中に起こしてトイレに行かせるということを数回したことがあります。寝ぼけていてもトイレにしゃがむとおしっこは出てきます。

けれど、「夜の睡眠サイクルを崩すことになる」と小児泌尿器科の先生のブログに書いてありました。息子は寝つきが悪い方で、睡眠に困った時期がありますので、「睡眠に悪影響が起こる」というのであれば、朝まで寝るような睡眠サイクルにしてあげたいです。
また、幼少期は膀胱が未発達の時期でもあるため、おしっこはもらさないギリギリのところまで我慢することで、膀胱に尿を貯める力がつくということを知りました。
夜中にトイレと起こさずに朝を迎えるよう意識しています。

どの“ない”も私は出来ていませんでした。しばらくの間は、上の“3ない”を意識して、夜のおねしょの回数が減るように見守るようにしました。

コメント