レンティオの評判は?床拭きロボット「ブラーバ」をレンタルしてみた!

レンティオでレンタル 暮らし

Rentio(レンティオ)をご存知ですか?近頃SNSで、利用する方の投稿を見る頻度が高くなり、知りました。以前から気になっていた「ブラーバ 390j」を借りようか悩んだいましたが、ついにRentio(レンティオ)でレンタルしました!

これできっと、床拭き掃除から解放される・・・と、家事軽減のためにレンタルした「ブラーバ 390j」について、率直な感想をお伝えします。日々、家事に育児に忙しいママの参考になると嬉しいです。



Rentio(レンティオ)とは?

レンティオ

Rentio(レンティオ)とは、レンタルサービスサイトです。サイトのファーストビューを見てわかる通り、カメラをメインにレンタルサービスを展開されていますが、家電商品も広く取り扱っています。

レンタル料金は月額の定額ではなく、商品によって、金額・レンタル期間はさまざま。配達日からレンタル期間となり、レンタル期間最終日の24時までに返送すればOK!レンタル後、そのまま購入もできます。

今回、レンタルしたブラーバは14泊15日で3,980円でした!お試しでは十分な期間ですし、金額も試しやすい金額でした。



Rentio(レンティオ)の評判は?

Rentio(レンティオ)には、商品ページごとに商品とサービスそれぞれについて、星5つで満点の評価が確認できます。今回、ブラーバを借りたかったので商品とサービスそれぞれの口コミを確認して、レンタルを検討しました。ザッと見ただけでも、4つや5つの星が並んでいました。

サービスについては、「返却が簡単」「電話で問い合わせたときの対応が丁寧」などとあったので、サービスの丁寧さを感じられて安心しました。

また、商品についてはよりじっくりと確認しましたが、「操作が簡単」「いい商品で購入に迷う」というコメントを見かけて、やはり試したいと感じる内容が多かったです。

Rentio(レンティオ)のメリット

レンティオのメリット

レンタルを申し込み、実際に届いたときに感じたメリットについてお伝えします。

メリット①お試しで購入するか判断できる

金額が高い家電だと、購入後に「失敗した〜」と後悔はしたくないですよね。店頭で動かして使用するよりも、自宅で利用してみることで、自分の生活スタイルに合うのかどうか試せることが最大のメリットに感じました。

買ってもあまり利用しなかった・・・という反省はこれまでたくさんしてきたので、Rentio(レンティオ)で試すことで、「やっぱり買ってよかった!」に変えられると感じました。

メリット②送料が無料

レンティオの送料無料

レンタル料金には、配送料も含まれています。商品が届く時はもちろん、返送時は着払いで送るのでお試しの負担も少ないです。配達日がレンタル開始日になり、レンタル最終日が返送日になります。



メリット③新品のように試せる

レンティオ新品状態

我が家に到着したブラーバは、通電用のテープや商品に貼られた透明のテープなど、新品同様の状態。中に返送のための着払い伝票やレンタル注意事項、同梱内容確認書などが入っていたので、そのときに開封された形跡はありましたが、使用形跡は感じませんでした。

ブラーバの説明書を解読するのに混乱したものの、快適に使用することができました。

購入するか検討しましたが、まだ比較検討したい商品があるので、今回、ブラーバはレンタル後そのままの購入は見送りました。でも、返却した今、ブラーバがいないのは寂しく感じます(笑)

メリット④レンタルしたいと思った翌日からレンタルできる

レンタルしたいと考える時って、すぐにでも試したいですよね。今回ブラーバを借りようと決めた時は夜でしたが、翌日の配送を選択できました。

借りたいという気持ちが熱いうちに利用できるのは、とても便利です。

配送時間帯も選択することができるので、予定に合わせて配達時間を選ぶことができます。ただし、配送日時は10時など特定の時間の指定はできませんので、確実に自宅にいる時間を選択すると安心です。

もし、レンタル申し込み後に配送の時間帯を変えたい場合は、クロネコヤマトでの配送になるので、配送予定の通知設定を事前に登録しておくと、クロネコヤマトの事前配送通知から配達時間帯の変更は可能です。



Rentio(レンティオ)のデメリット

レンティオデメリット

Rentio(レンティオ)のデメリット・・・あるんですかね?私はデメリットを感じませんでしたが、あるとすれば、配送日がレンタル開始日になるので都合によって受け取れなかった場合は、お試し時間が少なくなってしまいます。受け取り時はご注意ください。

また、離島は取り扱っていません。理由としては、配送のお届けが船便によって前後するからだそうです。

Rentio(レンティオ)はどれくらいで届く?

最短で注文した翌日に届きます。17時までだと当日出荷の対応があります。ただし、北海道や九州は翌々日到着になるエリアがあるようです。

Rentio(レンティオ)で借りるとどんな状態で送られてくる?

ブラーバの配送

今回レンタルしたブラーバは、新品同様の状態で届きました。家電製品には、通電させるためのシートを引っ張って使用できることが多いですが、Rentio(レンティオ)でレンタルしたブラーバも通電シートはついたままでした。

床掃除の時に使用するクロスも、新品のものが入っていました。返送時に使用する着払い伝票などを同梱する際に開封された様子は感じたものの、全く不快には感じません。

今回はまだ試したい商品があるので、購入はしませんでしたが、そのまま購入しても良いと感じるほどの商品が到着しました。返却の時にどのように入っていたかわからず、綺麗に入れるのに時間を要したので、レンタル後の返却予定があるのであれば、商品が入っていた状態を撮影しておくと安心です。



Rentio(レンティオ)でレンタルしたブラーバについて

Rentio(レンティオ)でレンタルしたブラーバって何?ということで、ここからはブラーバについて紹介です。子供があちこちで知らない間に汚して掃除まで手に回らないという働くママにはとても便利な家電です。

寝る前にスイッチ一つ押しておくだけで、勝手に床を拭いてくれて、終わったらスタート地点に戻ります。手間は動かすスペースの確保くらいです。片付けのきっかけにもなりましたよ。

ブラーバって?

ブラーバ

有名なお掃除ロボットルンバの「iRobot(アイロボット)]が開発した、床ふき掃除ロボットです。ドライとウェットのどちらも対応しています。専用のクロスがありますが、市販品のシートも利用可能です。

金額(2019年11月26時点)

今回レンタルした「ブラーバ390j」は、3,980円(税込)でレンタルできましたがそのまま購入する場合は、プラスで「37,500円(税込)」を支払えばOK!レンティオの場合は、「41,480円(税込)」で購入できます。公式の金額が43,868円(税込)なので、レンタルで試せる上に配送料無料で「2,388円」も安く購入できます。

なお、実質的に安いのはAmazonです。購入時は「43,860円」ですが、Amazonポイント10%分の「4,386pt」がつくので、実質「39,474円」で購入できます。

ブラーバの動きは?

ブラーバのクッション

ドライモードの場合は、スーッとまっすぐに進んで行きますが、ウェットモードだと右に斜めに行ったら戻ってきて、左に斜めに行ったら戻ってきてとしながら前に進んでいくので、ドライモードよりも丁寧に掃除してくれます。

キューブ型の信号があるので、それを中心にブラーバは動きますが、物にぶつかっても傷はつきませんし、ブラーバのフロント部分にクッションがついてますので、ぶつかりながらも部屋の認識をして掃除を進めてくれます。

ブラーバのメリット

ブラーバのメリットは、家全体を毎日スイッチを押すだけで床掃除ができることです。自分で全体的に床拭き掃除をするとなると、毎日は無理です。クイックルワイパーなどもありますが、結局動くのは自分。けれど、ブラーバであればスイッチ一つで勝手にやってくれます。

5歳と1歳の子供がいる我が家は、床が汚れがちなので、ブラーバがいる間は、ブラーバを動かすために床に物を置かない状態になったこともあり、部屋全体が綺麗でした。廊下も、隅っこに埃がたまりがちですが、ブラーバが掃除してくれました。



ブラーバのデメリット

ブラーバデメリット

床拭き掃除ロボットではありますが、人の手で拭きあげるほどの力はありません。表面を綺麗にする分には十分ですが、完全ではありません。人の手で床拭き掃除をするよりも、汚れの落ち具合は落ちます。

人の手で拭きあげる状態を期待しすぎると、期待外れに感じてしまいますので、ご注意ください。

Rentio(レンティオ)でレンタルみてどう?

ブラーバレンタル感想

Rentio(レンティオ)でブラーバを試せたことで、我が家のライフスタイルに合うかどうか確認することができました。送料も返却時の負担も感じられないので、レンタルしてよかったです。

購入に悩んでいたり、迷っている場合は、一度Rentio(レンティオ)で試してみてください。

購入に繋がらなかった場合は、レンタル代はもったいないと感じるかもしれませんが、購入して後悔する方がもったいないです。我が家は次回、ルンバあたりを試せたらと感じています。



まとめ

レンティオまとめ

ブラーバをレンタルした効果として、家がきれいに片付くようになりました。いつも、子供たちがおもちゃを床に散らかしたまま、何かしら床に物が散乱しがちの日常でしたが、ブラーバを借りたことで、ブラーバを動かすために床の物を必然的に片付けます。

床をウェットモードで拭いたクロスをみると、いくら掃除機をかけていてもやはり黒く汚れていました。この上を歩いていたのか・・・と思うと、「きったな!」と言ってしまうほどの汚れがついていました。

別のお掃除ロボットを試して見て、我が家にあったものを見つけるためにもRentio(レンティオ)を活用できてよかったです。

コメント