おもちゃ王国隣接ホテルグリーンプラザ軽井沢に宿泊した、感想。

グリーンホテルプラザ軽井沢の口コミ おでかけ

おもちゃ王国に行くのに家族4人で宿泊するのに「おもちゃ王国オフィシャルホテル」である、『グリーンホテルプラザ軽井沢』について初めて行く人のために宿泊した感想をお伝えしたいと思います。

というのも、おもちゃ王国のHPを見ても園内マップがなく、あまり口コミを見かけず、どんなところなのか行くまでわかりませんでした。
隣接のホテル(=グリーンホテルプラザ軽井沢)についても同様に、体験談も画像すら見かけなかったので、移動して宿泊した当日は驚くことが多かったです。

宿泊するプランによって、ホテルの棟が変わるかもしれませんが、「[【フリーパス付】ホテルDE遊べる★おもちゃ王国パック」を予約しました。
部屋タイプは、「プリンセスコート・和洋室(定員5名)禁煙」です。

ホテル代におもちゃ王国フリーパス大人2枚+子供1枚分が含まれていますので、おもちゃ王国に入る前にホテルでフリーパスを受け取る必要があります。
フリーパスを受け取る=チェックインの手続きでした。




グリーンプラザホテル軽井沢の良かった点

どんなホテルにも良し悪しはあるものですが、ここではグリーンプラザホテル軽井沢に宿泊してみて良かった点を伝えます。

車はホテル前に止められる

駐車料は無料です。たくさんの来場者で止められないのでは?と焦る気持ちはありましたが、しっかりとホテル前に駐車することができました。
また、公式ページにもありますが、チェックイン前であってもホテル前の駐車場に車を停めることができます。

ちなみにプリンセスコートからおもちゃ王国までは徒歩7分程度ですが、8月という暑さもあって、5歳の子供が歩くには少し遠く感じる距離でした。

付属のアメニティ宿泊するのに十分

大人2名と5歳と1歳の子供2人の計4人で宿泊しましたが、困ることのないアメニティで十分でした。

  • タオル(バスタオル2枚、フェイスタオル3枚&ユニットバスにフェイスタオル1枚あり)
  • 浴衣(大人用Sからあり・子供用100サイズからあり)
  • 歯ブラシ(子供用1本あり)
  • カミソリ
  • くし

浴衣は子供用までありました。使って見ての感想は、やはり帯1本で締めるということもあり、動き回る子供ははだけまくりの状態でした・・・。
1歳の娘も試しましたが、雰囲気だけ。寝るときは手持ちのTシャツと短パンに履き替えて寝ました。



バイキングは夕食&朝食どちらも充実

食事はバイキング形式で、ホテルのパックに夕食と翌日朝食がついていたので食事には困りませんでした。
夕食には、ステーキも目の前で焼いていて、美味しくいただきました。全ての料理が温められている状態での提供でしたので、「冷めてる・・・」なんてことは全くなく、食べる料理全てが美味しかったです。

また、キッズメニューと離乳食もあるので、0歳の離乳食期からも食事は楽しめます。離乳食は、初期・中期・後期とそれぞれの形態で用意されていました。
下の子は1歳8ヶ月で離乳食は卒業していましたが、大人と同じものを食べるのはちょっと・・・という時期であっても、キッズメニューが用意されていたので大人も子供もしっかりとバイキングを楽しむことができました!

夕食の入場は時間制で混まないように配慮されていました。
チェックイン時に選択できるので、適度な夕食時間を希望する場合は、早めにチェックインを済ませるといいですよ。ちなみに、朝10時頃にフリーパスを受け取るのにホテルに到着して、そのままチェックインの手続きをしましたが、17時半からか19時以降からかの選択でしたので、19時を選びました。夕飯に適度な時間である18時代はすでに整理券の配布が終わっていました。
バイキングに時間制はありませんので、17時に入っても、20時に入ってもどちらも終わりの時間までは滞在できます。(2019年8月現在の情報)

朝食は、時間制ではないので6:45〜9:15までの間に自由な時間で利用できます。ただ、8時頃に朝食を食べに行きましたが、混んでいて空席がないとのことで、10分程度待ちました。
バイキング受付に「8時頃は混み合う」と記載がありましたので、8時より前の時間に入ると、スムーズに朝食が取れるかもしれません。



お風呂は温泉大浴場あり

お風呂は、宿泊したプリンセスコートの部屋にユニットバスはありましたが、と別の棟であるリゾート館に「奥軽井沢温泉・暁の湯」がありましたので、そちらを利用しました。
お昼12:00〜24:00、朝5:00〜10:00で利用できます。

温泉内にタオルはないので、宿泊する部屋に置かれているタオルを持っていく必要があります。
シャンプー・リンス・ボディソープは温泉の洗い場に設置されていて、場所によってクレンジングも置かれていました。
脱衣所から1つドアから入ってすぐのところにしか洗い場はないと思っていましたが、さらにもう一つドアを開けたところにも洗い場はあって、そちらにクレンジングや洗顔料の用意がありました。

ベビーバスの用意もありましたので、赤ちゃん連れのママも安心して利用することができますよ。

女湯と男湯に別れる入り口の手前に髪を結わえる使い捨てゴムがあるので、髪が長い方で「あっ!髪ゴム忘れた!」という場合も安心です。
髪を濡らしたくない人のためにビニールキャップも浴室内にありました。



グリーンプラザホテル軽井沢の注意すべき点

宿泊したからこそ、知ったことや気づいたことがあります・・・。次利用するときは以下のことに注意しようと思います。

近くにコンビニはない


別の記事にも書きましたが、ホテル周辺にコンビニやスーパーはありません。

高くて困ったのがお茶やスポーツドリンクといったソフトドリンクとアルコールです。

遊びに行った当日は夏場で35℃前後という暑さもあって、熱中症対策で飲み物は2Lペットボトルを2本持って行っていました。

おもちゃ王国園内やホテル内で購入しようとすると、500mlペットボトルは200円します・・・。アルコールに至っては、500ml缶のビールが1本450円・・・。

車移動であれば、車に積んで置けるのでいくらか飲み物はあらかじめ持って行っておくと「高くてびっくり!2人分買うにはちょっと・・・」ということが避けられるかもしれませんね。



Wi-Fiは繋がらない


auのUQ WiMAX2+を利用しているのですが、ホテル内は圏外でした。場所によっては、4Gすら圏外になることも・・・。
携帯のプランが1Gで自宅内や移動にはWiFiを持ち歩いているので、ホテルだけでなくおもちゃ王国内もWiFiは入らずでしたので、WiFi利用者としてはとても不便でした。

ベビーカーは使いづらい、車椅子も不便。


宿泊した「プリンセスコート」についてになりますが、入り口は階段がありますがその階段は石がボコボコ・・・。スロープも一応ありますが、車椅子で移動になるととても不安に感じるスロープでした。

そして、館内はエレベーターはなく、階段のみ。

プリンセスコートの入り口入ってすぐはフロントですが、フロントが2階という造りになっています。宿泊した部屋は選ぶことができませんので、割り振られた部屋は1階。
1階に行くには、階段を1度登って、廊下を歩き、また階段を降りなければいけませんでした。

バイキングがある「レストラン白樺」は3階ですので、1階からの移動となると2階分の階段がありますが、エレベータはないですので歩いていくしかありません。
車椅子の方は不便だろうと感じました。

荷物たっぷりでしたので、ベビーカーに乗せていたのですがまさかこんなに階段の上り下りがあるとは知らず、子供を乗せて荷物もあるとなると移動で汗をかいてしまうほど「ヒーヒー」言いながらベビーカーを持ち上げて移動しました。



セキュリティが甘い


エアコンがウィンドウエアコンでした。ウィンドウエアコンご存知ですか?窓に取り付けるタイプなので、鍵が閉まりません。
鍵が閉まらないって・・・「無施錠じゃん!」と気づいてからは、ハラハラしました。だって、止まっている部屋は1階ですから、窓から侵入ということも考えられなくはないです。
なので、万が一のことも想定して、貴重品には気をつけておくといいかもしれません。

そして、ウィンドウエアコンということもあって、隙間はあるはずなので、宿泊部屋には虫がいました。ハサミ虫かな?
裸眼で目が見えず、ただ動く黒い物体に驚いて「ヒャー」とちょっとした悲鳴が・・・。緑が多いことはいいことです。
ただ、ウィンドウエアコンだとは知らなかったよー。
山の中で標高が高いところにホテルはありますので、湿度が高くて夏場ということもあり蒸し暑かったです。

軽井沢は避暑地ともいわれますが、やはり蒸し暑さをウィンドウエアコンで解消するには少々力不足なようでした。

館内が油くさい

船に乗ったような原油のようなにおいがしました。嗅いだ人はわかるかもしれませんが、頭が痛くなってくる匂いです。
フロントがある2階部分は、油のにおいはしませんでしたが、1階は原油のようなにおいが廊下に広がっていました・・・。なぜ原油のにおいがするのかは謎です。



まとめ

いくつかホテルに泊まって気になった点をまとめたあとですので、デメリットが目立つかもしれませんが、しっかりと楽しんでおもちゃ王国オフィシャルということもあり、園内から近い場所にありますので、遠くから遊びに来る方にはゆっくりとできる場所だと感じます。

なんといってもバイキングがおすすめ!どれも温かくて美味しいものが食べられたので、いつも献立に悩みながらバタバタ食事の準備をするママさんにはたまに息抜きで準備された食事をするということだけでも幸せを感じますよね。

次回遊びに行くことがあれば、気になった点の対策をしつつ、振り返りながら楽しみたいなと思います。

コメント