しらこばとで釣りを子連れで楽しんできた!同伴無料で3時間たっぷり♪

おでかけ

しらこばと水上公園で初めて釣りをしてきました。埼玉にある水上公園では、プールを利用した「プールフィッシング」を楽しむことができます。

夏場は駐車場を止めるまでに30分以上、渋滞の中で待つほどの賑わいを見せるしらこばとプールで、息子がハマっている釣りを楽しめると2019年にようやく知りました。5歳&1歳の子供と一緒に釣りを楽しんできたので、しらこばとでの釣りについて紹介します。



しらこばとで釣りを楽しめる時期・時間

しらこばとでは、プールを利用してトラフト釣りを行なっています。11月〜3月の期間限定で利用が可能です。

営業時間

11月〜1月 6:30〜16:00
2月 6:30〜17:00
3月 6:00〜17:00

しらこばとでの釣りの流れ

しらこばと公園マップ

しらこばとの釣りは、プールで楽しめます。なので、車を止める場合は、プールエリア近くの第一駐車場を利用してください。プール入場口にマス釣り料金を支払う窓口で料金は支払います。貸し竿を利用する場合は、「つりごや」でお金を支払うので、受付と別会計です。

今回初めて行ったので、「つりごや」で釣竿料金は支払うよう窓口の人に言われたものの、どこに「つりごや」があるかわからず、恐る恐る入って行きました。入り口から入って行って、順路に沿って進んでいくと「つりごや」はあります。アルバイトのお兄さんがたにやさしく対応いただきました。

貸し竿利用の場合は、1本1,000円(うち500円は補償金で返却時に戻る)です。あみとボウルも利用する有無を伝えて、呼ばれるまでは待機。

お金のお支払いを済ませたら、早速ルアー・フィッシングエリアへ。ちなみに、餌釣り場は「つりごや」のすぐ脇にありました。



しらこばとで釣りは何が釣れる?

しらこばとで釣れる魚

しらこばとでは、「ニジマス」「ブラウントラウト」「イワナ」「イトウ」の4種類のクラフトが釣れます。我が家は今回、ニジマスが釣れました!

しらこばとで釣りはいくら?気になる料金

しらこばと釣り料金

利用時間には移動時間も含まれます。釣りをする時間以外にも、トイレや片付け、子供が歩く移動時間もしっかりと考慮して行動してましょう。

餌釣りエリア

大人・子供ともに年齢関係なく、1時間1,050円です。餌釣り場の場合は、貸し竿と餌を含んだ金額になります。自分で釣竿や餌を持ち込むことができません。貸し竿のみの利用になります。

なお、えさ釣りエリアでは、魚を持って帰ることができますが、3匹まで。4匹目から別料金で、1匹あたり300円が必要です。釣った魚のリリースはできません

そのため、釣った魚は自動的に持ち帰らなければならず、4匹目から追加300円の支払いが必要なります。



ルアーフィッシング

しらこばとルアーフィッシング料金

ルアーフィシングでは、釣った魚のリリースが可能です。餌は撒けないので、ルアーのみで勝負!釣った魚は大人7匹、小人3匹まで持ち帰ることができます。

上限を超えて持ち帰りたいときは、1匹200円追加料金がかかりますので、ご注意ください。竿は料金に含まれておらず、追加で補償金込みの1,000円が必要です。借りた釣竿を返却する際、何も問題がなければ500円補償金が戻ってきます。

大人:3時間2,100円(7匹まで持ち帰り可) 1日2,620円(10匹まで持ち帰り可)
小人:3時間1,050円(3匹まで持ち帰り可) 1日1,360円(6匹まで持ち帰り可)

釣りをしない同伴者

しらこばと釣りしない人は無料

無料です。

同伴者も別料金で必要な釣り場は多くありますが、しらこばとは無料なので、1歳の娘と一緒に眺めていたり木陰で遊んだりしました。

ファミリーで釣りに行きたくても、釣りができない子供がいると、釣りは避けがちであったり、遊び場に困ったりしますが、しらこばとは広々と駆け回ることができるので、プールサイドだけ気をつけていれば子連れも楽しめますよ。



再入場料金

再入場料金もかかりません。好きに出入りできる状態で、出入り口にスタッフの方もいませんでした。

1歳娘のオムツ交換で一度駐車場に戻りましたが、何も追加料金はかかりませんでした。荷物を取りに行くときなど、入退場が自由なのは安心です。

駐車場

しらこばと駐車場

駐車料金も無料です。

釣り場によっては、1時間200円など料金がかかるところが多数あるので、お財布にありがたいです。釣り料金以外の駐車料金は800円くらいかかることが多かったので、駐車場無料は良ポイントに感じました。



しらこばとでレンタルできるもの・料金

しらこばとでは、竿やバケツもレンタルできるので、手ぶらでも釣りを楽しめます。気になるのは料金・・・買ったほうがいいのか、レンタルでいいのか判断するのに参考いただけたらと思います。渓流竿は結構なお値段しますからね・・・。

貸し竿

しらこばとルアーフィッシング
貸し竿は、ルアー・フィッシングエリアは別料金、餌釣り場は利用料金に含まれています。釣り竿を持っていなくても手ぶらで釣りを楽しめますよ。

ただ、ルアーや針は自分ではいじれません。レンタルですからね・・・。

今回のルアーフィッシングで、途中気づいたことがありました。ルアーが黒いものと色がついたもので釣れ方が違うのではないかと。案の定、黒いルアーでは釣れず、黄色のルアーで釣ることができました…。

ルアーをいじりたいという希望があれば、貸し竿ではなく、自分のものを持って行きましょう。

しらこばと釣りバケツと網

網も借りることができます。荷物を増やすことなく釣りが楽しめますね。貸し網は1日100円です。

バケツもレンタルできます。釣った魚をしばらく泳がせておくときに便利です。釣りでは水を汲み取るという瞬間があることを知らず、以前バケツを持ち合わせていなくて困ったことがありました。

ちなみに、バケツは無料で借りることができました。バケツは場所を取るので、レンタルできるのはありがたいです。



しらこばとで釣りをするときに持っていくと良いもの

釣りは長時間になるので、「もってくれば良かった!」と後悔することがあります。今回も、「あーあれ持って来れば良かった」と反省が多くありました。反省点を活かして、次は快適な釣りタイムを楽しみたいと思います。

椅子

ルアーフィッシングを今回しましたが、魚を釣り上げるまでの時間は長い・・・。息子は疲れた様子でしたので、折りたたみの椅子を持ってくれば良かったと感じました。次回は、今回の反省を踏まえて、折りたたみ式の椅子を持って行きたいです。

クーラーボックス

釣り上げた魚は最後に「つりごや」係員のお兄さんがビニールにまとめてくれました。持ち帰る手段としては、クラフトは傷みやすいので氷入りで保管できるようクーラーボックスがあるといいですね!

我が家は海釣りもするので、クーラーボックスを早速GET!



しらこばとでの釣りは安心な環境

しらこばと釣り環境

釣りが出来ない子供がいるとき、海では、いつ落ちてもおかしくない環境でヒヤヒヤします。けれど、しらこばと公園でのプールフィッシングは、広々とした公園の中で楽しめるため、遊具はないもののゆったりと遊んでいられます。

ベンチや水道、トイレ、自動販売機もあるので安心して釣りを楽しめました。釣りをしない側からすると、暇も暇なので、遊べる場所があるのはとても良い環境。しらこばとの釣りは、ファミリーフィッシングに抜群です!

トイレ

釣りをすると長い滞在時間になるので、トイレがあるかどうかの環境は大切!しらこばとはもちろんトイレもあります!ただし、授乳室や乳幼児向けのおむつ交換台はないです。1歳娘のオムツは、駐車場へ戻って交換しました。

自動販売機

しらこばと釣り自動販売機

寒かったので、あたたかい飲み物がある自動販売機の存在はありがたかったです!場所によっては自動販売機から少し離れてしまいますが、2箇所自動販売機が設置されています。飲み物の確保も心配いりません。

食事

朝10時までに、「つりごや」でお弁当を注文することが可能です。カップ麺も「つりごや」に置いています。その他、小さな子供が食べられそうなものはないので、お昼ご飯までの時間で釣りを楽しめると昼食に困らずにすみます。

しらこばとは釣れる?気になる釣果は?

しらこばと釣りの結果

今回のしらこばとでの釣りは、3時間コースで入場して実質2時間半で終了しました。エアーフィッシングでの釣果は、ニジマスが2匹!
前回海釣りでは釣果0だったので、釣った魚を食べる分には十分楽しめました!自分が釣った魚をさばいて食べる・・・釣りの醍醐味ですね。



まとめ

しらこばと釣りまとめ

しらこばと公園は、大きな遊具がある「コバトンの森」もありますが、冬はプールを有効活用したトラフトフィッシングが楽しめる環境です。他の釣り場と違って釣りをしない子供も遊べる環境があるので、ママさんも安心の釣り場ではないでしょうか。

ファミリーフィッシングはもちろん、これから釣りを楽しもうかとしている初心者の方にも満足できる釣り場だと感じたので、おすすめです!ぜひ、プール期間外のしらこばと水上公園を楽しんでくださいね。

コメント